自動車保険

洪水・水害による車両の水没の質問が急増中です

FPコンパス永森です。

西日本豪雨災害において、洪水や水害によるお車の水没した映像などが頻繁に流れたこともあり、お客様から車両保険の補償内容に関するご質問が増えております。

Q:水没は補償されるの?

A:車両保険に加入していれば、大雨や洪水などで車が水没した場合は保険金が支払われます。車が水没してしまうと、その水没の程度にもよりますが、エンジンが水に浸かると全損として取り扱われる可能性が大きくなります。

車が水没し全損となった場合は、車両保険の契約保険金の全額が支払われます。部分的に損害を受けた場合は分損となり、契約保険金の額を上限に、修理にかかった実費が支払われます。免責金額の設定にご注意ください。

Q:車両保険でどこまで補償できますか?

A:車両保険には2つのタイプありますが、どちらの場合でも水没については補償の対象になります。

車両保険の種類 ①一般車両 ②エコノミー(車対車A)

エコノミータイプ(車対車A)は、一般車両型よりも補償範囲が狭いため、保険料についても一般車両型の半分程度まで安くなるのが特徴ですが、水没に関しては、エコノミータイプでも補償を受けることができます。

あいおいニッセイ同和損保「タフ・クルマの保険」より

Q:水没で車両保険を使うと等級は下がるの?

A:車が水没した場合に、車両保険を使うと翌年の等級は下がります。ただし、水没の場合は「1等級ダウン事故」として扱われます。通常のように3等級下がるわけではありません。等級がダウンした場合、翌年の保険料割引率は「事故有等級の事故有割引率」が適用されるます。

ご契約中の自動車保険の補償内容にご不明な点がございましたらご相談ください。

保険の相談 見直しはお任せください

有限会社FPコンパス
天童市東長岡2-1-34
フリーアクセス 0800-800-1567
ホームページ http://fpcompass.co.jp/

お気軽にお問い合わせください

 

 

おすすめ記事