生命・医療保険

知らないと損をする社会保障制度②「高額療養費制度」

FPコンパス永森です。

知らないと損をする社会保障制度② 今回は「高額療養費制度」についてです。

100万円の治療を受けたらいくら支払う?

日本の公的医療制度の医療費の自己負担割合は、現役世代の方は3割負担となっていますよね。ということは、仮に癌などの治療により高額な治療で100万円の医療費がかかったとすると、自己負担は3割の30万円を負担しないといけないのでしょうか?

実は違うんです。ここでご登場するのが「高額療養費制度」なのです。

高額療養費制度とは

「高額療養費制度」とは、医療機関や薬局の窓口で支払った額が、ひと月(月の初めから終わりまで)で上限額を超えた場合に、その超えた金額を支給する制度です。※入院時の差額ベッド代や食事代は含まれません。

例 年収約370~約770万円の方 医療費100万円 自己負担割合3割 この方のひと月の自己負担上限額はなんと!

80,100円+(100万円-267,000円)×1%=87,430円

となります。

ただ、ひとつ欠点が。。。ひと月とは、月初から月末までの計算となるので、月を跨いでの入院手術の場合は、最大でこの2倍が上限額となってしまう点にご注意ください。

更に自己負担が少ない場合も

加入している健康保険が「国民健康保険」や「協会けんぽ」ではなく、「組合健保」の方は独自の制度でさらに自己負担少なくなる場合があります。これを「付加給付制度」といいます。

最近お客様の組合健保を調べた中で最も上限が低かったのは25,000円とい組合健保もありました。

入院日数は短期化している

最近の平均入院日数が毎年短期化しているのはご存知かと思います。全年齢の平均入院日数は31.9日、若い方はもっと短いです。

傷病別・年齢階級別平均在院日数(単位:日)

主な傷病 総数 男性 女性 0~14歳 15~34歳 35~64歳 65歳
以上
75歳
以上
全体 31.9 29.8 33.9 8.4 12.0 24.4 41.7 47.6
結核 58.7 61.4 54.5 32.8 40.7 65.2 58.4 58.6
ウィルス肝炎 16.3 13.6 19.2 5.1 12.5 12.5 21.4 38.2
胃の悪性新生物 19.3 17.8 23.2 5.5 12.1 13.9 21.0 25.7
結腸及び直腸の悪性新生物 18.0 17.1 19.2 8.0 10.8 13.5 20.0 24.5
肝及び肝内胆管の悪性新生物 18.8 18.9 18.8 47.8 12.1 15.8 19.3 21.6
気管、気管支及び肺の悪性新生物 20.9 19.0 25.2 10.1 9.8 16.7 22.3 26.9
糖尿病 35.5 27.5 45.4 13.0 14.1 20.0 47.4 65.2
血管性及び詳細不明の認知症 376.5 290.4 439.7 231.0 267.5 380.7 383.1
統合失調症等 546.1 630.5 473.8 91.4 93.3 334.1 1,295.8 1,470.9
気分(感情)障害 113.4 113.6 113.3 41.1 45.7 93.7 157.0 161.3
アルツハイマー病 266.3 210.5 300.8 217.8 267.4 257.6
高血圧性疾患 60.5 29.4 80.5 8.9 11.0 13.8 68.4 83.3
心疾患 20.3 13.8 30.1 30.5 10.2 9.0 23.7 30.5
脳血管疾患 89.5 70.0 112.3 20.7 44.6 46.9 100.7 116.0
肝疾患 25.8 23.7 28.5 9.3 10.7 17.1 33.2 40.7
骨折 37.9 28.9 43.4 5.3 14.4 21.9 47.7 51.9

ご契約中の医療保険やガン保険は、高額療養費制度や付加給付制度、入院日数の実態を加味した保障内容になっているでしょうか?医療・ガン保険の保障内容は公的医療制度や治療の実態に併せて日進月歩しています。ご契約から5年以上が経過している医療・ガン保障は一度点検をお勧めします。

保険の相談 見直しはお任せください

有限会社FPコンパス
天童市東長岡2-1-34
フリーアクセス 0800-800-1567
ホームページ http://fpcompass.co.jp/

お気軽にお問い合わせください








フォームを入力したら「確認」にチェックを入れて
「送信」ボタンをクリックして下さい。

おすすめ記事