生命・医療保険

「高精度のガンの早期発見の実現はもう目前かもしれません」

FPコンパス永森です。

先日、線虫によるガン早期発見の第一人者である株式会社HIROTSUバイオサイエンスの代表取締役社長の広津崇亮氏の講演を聞いてきました。

以前より唾液、血液など少量の採取物でガンが早期発見できる可能性については耳にしておりましたが、人間の少量の尿を使った、線虫によるガン検査が広津氏の進めている検査方法です。講演を聞いてこれまでの臨床実験とその結果に大変驚きました。

広津氏が掲げる「安価・簡便・高精度〟一次スクリーニングがん検査」は、2020年実用化に向けてハード・ソフト面で現在事業が進んでおり、この仕組みが浸透すれば、ガンの早期発見率が大幅に向上し、ガンによる死亡者の減少はもちろん、治療費の大幅な抑制にも貢献できると確信しました。

現在民間生命保険会社から発売されている「ガン保険」ですが、多くの商品がガンと診断されれば一時金が給付されるタイプとなっております。もしかしたら高い確率で診断給付金がもらえる世の中になったりして。。。おそらく保険会社は現在の診断給付金タイプガン保険の販売を近々販売を停止することになるでしょう。ガンの進行度合いに応じた給付金になっていくのではないでしょうか。支払回数の制限のないガン保険がお宝保険になるかもしれませんね。

保険の相談 見直しはお任せください

有限会社FPコンパス
天童市東長岡2-1-34
フリーアクセス 0800-800-1567
ホームページ http://fpcompass.co.jp/

お気軽にお問い合わせください








フォームを入力したら「確認」にチェックを入れて
「送信」ボタンをクリックして下さい。

おすすめ記事